ネイリストになるための近道は、やっぱりネイルスクールに通うこと!
でも実際にスクールの情報を調べてみると、カリキュラムや授業料はピンキリで、どれを選べばいいのかわからなくなっちゃいます。
そんなときは、まず自分の目標を決めてスクール選びすることをオススメします!

1.ネイルスクール選びの基本

それぞれのスクールは、学びたい人のニーズに合わせてカリキュラムを組んでいます。
だからプロのネイリストとして活躍したい人向けのカリキュラムは、コース全体の時間が長めで授業料も高いです。

逆に趣味の延長として、ネイルを勉強したい人向けのカリキュラムは、お時間短めのコースですので、同然授業料は安いということになります。
ですので設定する最終目標やお財布事情、勉強に使える時間の長短といった、自分の状況を考えて最適なカリキュラムを提供しているスクールを選びましょう!

例えば、スクールに通う時間帯はお仕事をしている人には、通信コースの受講がオススメ!
隙間時間を有効活用しちゃいましょう。

まとまった時間を取れるなら、通学コース一択です!
講師から直接指導してもらえるから、上達が早くなります。
余計な出費を抑えるためにも、通う期間をあらかじめ決めておくことが大事です。

2.目的別スクール選びの極意!

  ネイルサロンで働きたい人向けの選び方

技術を習得したら、ネイルサロンに就職して働きたいという人は、JNECネイリスト技能検定2級を取れるスクールを選びましょう。
またインターンシップ先として、スクール提携のサロンがある場合や、直接サロンの経営をしているスクールもあります。
そういった就職のためのバックアップが充実していることをアピールしているスクールを探しましょう。

  個人のサロンで独立開業したい人向けの選び方

自分で独立開業するのは大変難しく、ネイルの技術があっても、経営の知識がなければ、サロンを続けていくことはできません。
だから開業サポートが充実しているスクールを探すことをオススメします。
ネイルの技術だけじゃなく、集客のノウハウ、開業後の支援まで視野に入れたスクール選びをしましょう。

  コンテスト入賞を目指す人向けの選び方

実際に入賞歴のある講師が在籍しているスクールを選ぶことをオススメします。
コンテストでは、普段お客様にネイルを施すときとは、ひと味違った視点を持つことも重要視されます。
ですので実際のコンテストで揉まれてきた経験を持つ講師から、直接テクニックを教えてもらえる環境が必要です。

  ネイルスクールの講師になりたい人向けの選び方

ネイル業界常識として、JNA認定講師をネイル講師と呼んでいます。
JNA認定校のカリキュラムを受講していなければ、認定講師の資格試験を受験することもできません。