どうしてもプロのネイリストになりたいなら、就職のサポートまでしてくれるネイルスクールを選びましょう。
最近はどのスクールも、卒業生の進路情報や就職率を掲載しているから必ずチェックすることをオススメします!

1.就職に強いネイルスクールの特徴

初めからプロのネイリストになることを目指しているなら、ネイルスクール選びにはこだわりたいところですね。
スクール選びを間違えるてしまったら、実際に就職活動を始めてから「別のスクールの方が良かったかも…」って後悔することになるかもしれませんので、就職面でのサポート内容まで目を通すようにしましょう。

卒業生の就職率が高いスクールにはいくつかの特徴があります。
プロになりたい生徒向けにカリキュラムを組んでいるかだけではなく、面接や履歴書の書き方も指導してくれるかどうかといったサポート面も重視するべきです。
分からないことがあったときに、気兼ねなく質問できるような少人数制のスクールもオススメ!

ネイリストは自分の腕前が1つで勝負をしないといけない技術職だから、しっかり地力をつけられるスクールを選びましょう。
また最近は接客マナーやサロンワークに関する研修など、技術面以外の接客理論に関する講義を受講出来るスクールも増えています。
こういった接客の基礎知識を持っていることは、就職面ではかなり有利に働くこと間違いなしです。

他には提携のサロンや、直営サロンを持っているスクールなら、希望すれば在学中からインターンとしてお店で働くことができます。
勉強しながら実地での経験も積めて一石二鳥ですね!

2.進路ごとの年収について

実際に就職した後の収入事情は、かなり気になるポイントだと思います。
ネイリストの進路はいくつかありますが、おそらく卒業生の進路として最も多い、ネイルサロンに就職した場合の収入をご紹介しますね。

JNECの2級を取得している場合、月収にしておおよそ20〜25万円程度の基本給が提示されるようです。
もし1級を取得していれば、30万円を超えることも珍しくありません。
またサロンに勤めていれば、基本給以外の指名料や歩合が設定されていることもありますので、お客様に実力を認めてもらえれば、かなりの高収入になるかもしれません。

また独立してサロンを開業したり、フリーのネイリストになる道もあります。
こちらを選択した場合は、高いネイルの技術は当然必要です。
しかし自分をプロデュースしてファンをつくる才能が、より大きなウェイトを占めることになります。
人によっては月収100万円越えも夢ではありませんね。